交通事故だより

2019.05.17 | Category: 交通事故

皆さまこんにちは!!!だんだんと寒さも落ち着いてきて

夏の暑さが感じられるようになってきましたね。

5月GWも終わり中高1年生の子たちが部活の疲労もピークに達し

身体に症状が出てしまい来院する方が増えてきました。

6月には中総体・高総体が控えているため、院内の雰囲気も

明るくにぎわっていきそうです^^

 

しかしそんな5月は学生さんの交通事故が増える月なんです!!!

今回の交通事故のお話は学生さんにスポットを当てたいと思います。

”慣れ”に気をつけよう!油断は禁物!!

5月は新年度から1ヶ月経ち、新生活にも慣れてくる頃です。

転勤や進学で仙台市に来た方、新しく学校に通うことになった方、

1ヵ月も経つと道路や交通状況にも慣れてきますよね?

黄色信号なのにアクセルを踏んでしまったり、無理な車線変更をしたり…。

横断歩道で青信号が点滅しているのに渡ってしまったり…。

最近多く目にすることがあります。

 

特に小学生は通学時につい寄り道をしてしまったり、放課後の活動量が増えてきます。

友達との会話に夢中になってよそ見をしたり、遊びたい気持ちが急な飛び出しや

信号のない所での道路横断に繋がってしまいます。

 

慣れてきて気持ちに余裕が出来ると、足元にある落とし穴さえも

見落としてしまいます。皆さん油断は禁物ですよ!!!

お子さんにもしっかり注意・指導してあげてくださいね^^

5月は小学生の年間交通事故発生月NO.1!!

先程の”慣れ”についても少し小学生についてお話をしたのですが、

H26~30年の調べをみると、5月は小学生の交通事故が多い月なんです。

中でも小学1年生は今まで、バスやお母さんと一緒に登下校していた環境から

1人や友達とへ変わっていきます。4月にあった集団下校も終わり

5月が1番慣れてきて油断してしまう時期なんです><

 

中でも歩行中が多く、死者・重傷者では小学1年生は6年生の約3.6倍で

死者に絞るとなんと5.6倍にも上がるそうです!!!

 

また身長がまだ低いために車の死角にも入りやすく、横断歩道で

青信号だったとしても左折してきた車とぶつかってしまうこともあります。

横断歩道を渡る際は必ず一度立ち止まって左右を確認して、

車が止まっているのを確認してから渡るように教えてあげましょう。

信号が点滅した時は無理して走らずに次を待ちましょう!

 

 

防ぎきれない不慮の交通事故もありますが、少しの小さなことでも

意識しながら生活するだけで交通事故は防ぐことができます。

このブログによって少しでも皆さまが交通事故に遭わずに済めば

良いとスタッフ一同願っております^^

 

もし交通事故に遭ってしまったら、大切な周りの方が遭ってしまったら…

そんな時は仙台市太白区長町南にある大坂整骨院 長町南院で

施術をさせていただけませんか?最後まで患者さまに寄り添って

全力でサポート致します。お気軽にお電話くださいませ。

お気軽にお問い合わせください!

アクセス情報

所在地

〒982-0012
宮城県仙台市太白区長町南4-12-24

駐車場

6台あり

予約について

お電話にてご予約していただけます。

休診日

土曜午後・日曜・祝日