太白区の大坂整骨院長町南院 HOMEBlog記事一覧交通事故 > 10月の交通事故だより

10月の交通事故だより

2019.10.17 | Category: 交通事故

皆さま先日の台風での被害等はいかがでしたでしょうか?

当院では土日月と3日間は午前中の診療にはなりました、

大きな被害もなく患者さまをお迎えすることができました!!

 

しかし、気圧の関係もあってなのか頭痛を訴える方や、急性腰痛で

来院される方が多くみられました›‹

当院の施術は症状が出ているところをただマッサージするのではなく、

症状が出た原因は何か?を考えて、根本から治療をすることを目的としているので

急なぎっくり腰や頭痛、肩こりなどどんな症状でも症状改善のお力になれるよう

スタッフ一同で全力で努めます!!症状がなく身体のゆがみが気になる…、

という方でもオッケーです!!お気軽にお電話くださいませ^^

 

続いて10月の交通事故のお話をしたいと思います♪

今回はだんだんと日も短くなってきている「 秋に多い交通事故 」についてです!

10月からは歩行者の交通事故が多発!!

2014~2018年の調査によると、10月~12月は年間を通して歩行者の交通事故が

1番多くなる時期なんです!!(次いで1月~3月が多い)

そのなかでも、死亡事故になってしまった場合の被害者の年代をみると、

65歳以上がなんと72%を占めるという結果がでています。

 

歩行者の交通事故が多くなってくる理由としては、

車から歩行者が見えづらくなる 薄暮れ時 が、歩行者の登下校・通勤の時間と

交通量が多くなる時間と重なる為と考えられます。

またそれに伴い、運転手の方も車のヘッドライトを点灯させるタイミングが

さまざまであり歩行者を見落としやすい状況下になってしまいます。

 

※「 薄暮れ時 」・・・日の入りや日没の前後でうす暗くなっている時のこと。

 

しかし、この時期の歩行者が死亡してしまったケースの交通事故の原因を

見てみると8割が横断歩道での事故になっています。

さらに詳しく調べてみると、横断歩道となっていますがその多くは

信号のないところや、走行車両が停止している前後の横断など、

横断歩道のないところでの横断によるものが大半を占めていました。

 

法律上歩行者は道路を横断する際は、横断歩道を渡ることが原則です。

近道や急いでいる時など、ついつい横断歩道のない所を横断したくなりますが、

自分の身を守るためにも横断歩道まであるいて渡るようにしましょう!!

 

車を運転する方は、まだ大丈夫だろう…と思わずヘッドライトは早めに

点灯するようにしましょう!そうすることによって、歩行者にも車の存在を

知ってもらえることにも繋がり交通事故をより防げます!!

 

宮城県仙台市の日没は10/17現在おおよそ17:00となっています。

この時間にはヘッドライトは点灯している状況にしておきましょう!

学生のお子さんがいる方は、しっかりと呼びかけをお願い致します!!

お気軽にお問い合わせください!

アクセス情報

所在地

〒982-0012
宮城県仙台市太白区長町南4-12-24

駐車場

6台あり

予約について

お電話にてご予約していただけます。

休診日

土曜午後・日曜・祝日