スポーツ障害

お問い合わせはこちら

スポーツ障害

スポーツ障害

スポーツ障害

スポーツ障害とは、スポーツをプレーされる中で起こる膝痛や肘痛などの慢性的な不調をいいます。スポーツは体を酷使するものですから、関節や筋肉など体の特定の部位に継続的な負荷がかかりやすいケースもあり、そのことで痛みやこわばり、しびれなどの不調を引き起こしてしまいます。
皆さんがどのようなスポーツをされるかによって、発症しやすいスポーツ障害が変わってきます。野球では「野球肘」や「野球肩」、バレーボールやバスケットボールでは「ジャンパー膝」のように、スポーツをプレーする中で特に負担がかかる部位にスポーツ障害が起こりやすくなります。大切なのは、不調が起こっている部位に対して適切な治療を施すということです。

当院では、スポーツ障害にお悩みの患者さまへ触診や視診を十分に行わせていただき、解剖生理学に基づく専門治療によって患部の状態を回復へと導いていきます。痛みやこわばり、しびれなどの症状が起こるメカニズムを熟知している専門スタッフが治療にあたりますので、患者さまご自身にも安心して治療に臨んでいただけます。太白区・長町・長町南駅の大坂整骨院 長町南院へ、いつでも気軽にご連絡ください。

野球治療

現在受けている野球治療がなかなか実を結ばず、焦りを感じてはいませんか?もしかするとその治療は、患部の根本治療につながっていないのかもしれません。そうなると回復が遅れるだけでなく、今後の大切な選手生命に影響が及びかねません。

野球では、腕や肩、足腰など全身に負担がかかります。投球障害では正しい関節や筋肉の操作がとても大切です。当院では痛みやこわばりだけの着目ではなく、患部のみ施術をするのではなく、それが起こった原因や適切な動きの改善を行っていく事が大切です。

サッカー治療

サッカー治療ではまず、足腰を酷使してグラウンドを走る競技かつ、コンタクト時に安定させるための筋力やバランス等の機能が必要になってくるスポーツになると思います。そのことで特定の部位へ負担がかかり続けたり、苦手な動きをかばった結果として痛みやこわばりなどの不調が現れやすくなります。

サッカー治療のカギを握るのは「患部に対して真に適切な治療と動作の癖の改善を行う」ということです。当然ですが、痛み止めや湿布薬の常用は痛みの緩和に作用するだけで、症状の根本解消にはつながりません。身体の使い癖や安定した動作がしにくいと痛みやこわばりが生じやすくなり患部だけの治療では復帰までに時間を用してしまいます。そういった事の改善も大切です。

ゴルフ治療

ゴルフ治療とは、ゴルフによって引き起こされるさまざまな不調を解消するための専門治療です。ゴルフは一見、体全体を激しく動かす他のスポーツとは区別されがちですが、ボールを打つ際に腰や肩・下半身への強い負荷がかかっています。また、フィールドを歩き回るため想像以上に体力を使います。

ゴルフ治療で大切なことは、患部に対して真に必要な治療を施すということです。それには、痛みやこわばりなどの不調が「なぜ」起こったのかという原因に着目し、その原因から取り除いていき、動作の改善していく必要がございます。腕や肩・下半身に痛みやこわばりがある場合には、ゴルフのスコアに大きな影響を及ぼしますので、一日も早くゴルフ治療を受けていただくことが理想的です。

陸上競技治療

陸上競技にはさまざまな種目が身体の使い方が異なってきます。腕や肩を酷使するのか、足腰に負荷がかかるのか、その競技によって大きく要因が変わってきます。痛みやしびれ、こわばりなどの症状にお悩みではありませんか?体に違和感が起こっている場合には、一日も早く陸上競技治療を受けられるのが理想的です。

陸上競技治療とは、陸上競技を行う上で体に起こる慢性的な不調を解消するための専門治療です。さまざまな治療を多角的に行い、患部の回復を促すというものです。また、競技にスムーズにお戻りいただけるよう必要に応じてリハビリテーションを組み合わせて行って参ります。湿布薬や痛み止めの常用は患部の痛みを緩和するだけで根本治療につながりません。
当院は整形外科と提携している整骨院です。病院で解消されなかった不調も、当院の陸上競技治療で改善できる可能性がございます。現在受けている治療に手ごたえを感じることができずお悩みの場合には、速やかに当院へご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。